名人戦

2016年名人戦結果+模様

フレンズカップ名人戦を、2016年3月6日(日)に須崎・沖磯で行いました。
初代名人を争う対戦は、2014年フレンズカップチャンピオンの生田典男、
2015年フレンズカップチャンピオンの塩地利郎の両名による戦いです。
ジャンケンで勝った塩地さんが沖寄り、ジャンケンで負けた生田さんが地方
寄りに入り戦いが始まりました。前半の両釣り座の状況は、塩地さん側は
フグ、オセンの餌取り、生田さん側は餌取り無しと、両極端の状況でした。
最初に竿を曲げたのは生田さん。慎重に取り込み先行。その後、良型の
メジナを掛けるも、磯際から張り出す根に張り付かれ、惜しくもキープならず。
一方、塩地さんの方は、釣り開始から餌取りが収まらず、前半戦はキープ
ならず。5分のインターバル後、後半戦を開始。塩地さんの釣り座は、また
餌取りがうるさくなってました。生田さんの方は、前半うるさかった餌取り
も、幾分おさまったようで餌が通る状況に。案の定、先に竿を曲げたのは
生田さん。前半と同サイズを慎重に取り込み逃げ切り体制に。しかし後が
続かず、こう着状態に。後半戦の折り返しをすぎて、ようやく塩地さんの竿
が曲がり待望の1尾を取り込み。これで2対1となり、白熱した展開になり
ました。両名とも最後までメジナにアプローチをしましたが、餌取りのあた
りに終止しこのままタイムアップとなりました。
 フレンズカップ初代名人は、生田典男さんが獲得しました。

 成績
  生田典男 2尾 1090g
  塩地利郎 1尾  495g

 名人戦模様

GrandCampion-1
GrandCampion-2
GrandCampion-3
GrandCampion-4
GrandCampion-5
GrandCampion-6
GrandCampion-7
GrandCampion-8

2017年名人戦結果+大会模様

名人戦

 フレンズカップ名人戦を、2017年3月12日(日)に須崎・沖磯で行いま
した。2017年の名人戦は、名人位の生田さんと2016年チャンピオンの杉
本さんの対戦となりました。対戦した磯は、須崎の中でも超1級磯の沖中
戸。40cmUPを連発できる磯です。ジャンケンで勝った杉本さんは、満潮
で潮が高い事もあり、海が状況が落着いている船着き寄りの釣り座を取り。
名人・生田さんは、浅根が続く沖向きの釣り座でスタートしました。ファ
ーストヒットは、杉本さんで30cm弱をゲット。すぐさま生田さんも30
cmオーバを釣上げ追いつきます。前半戦の終盤に、杉本さんが45cmを
釣上げ後半戦に突入。後半戦は、付け餌が取られず生命反応を探す様な釣
りになります。後半戦も半分を過ぎた時、名人・生田さんが待望の2尾目
を追加しました。しかし、このメジナを最後に、試合終了となりました。
検量の結果、300gの差で名人が生田さんから杉本さんに移りました。
新名人は、杉本真二さんになりました。

名人戦・成績
   杉本真二 2尾 1460g
   生田典男 2尾 1150g

大会模様

2017_GrandCampion-1
2017_GrandCampion-2
2017_GrandCampion-3
2017_GrandCampion-4
2017_GrandCampion-5
2017_GrandCampion-6



大会個別
  • ライブドアブログ